体内にボトックスに対する抗体

体内にボトックスに対する抗体

ボトックスは米国のアラガン社が商標を持つ商品名です。ボトックスの主要成分はクロストリジウム・ボツリナム(Clostridiumbotulinum)、クロストリジウム属菌(GenusClostridium)のA型毒素(BotulinumToxinA)です。

筋肉を弛緩させる力があるので、眼科や神経内科で眼瞼・顔面薑丈Й綜肇などの治療に用いられてきた。長たらしい間にわたりボトックス注射を続いてると体内にボトックスに比較する抗体ができてしまったとしまして、効果が出にくくなる実現性があったとも言い伝えられているのです。

さらに、注入量が多すぎると瞼や眉が降下したり、アレルギーや注入による内出血という副作用が出ることもまれにあげられます。近年ではシワ取りの効果がありますことはわかり、アンチエイジングや美容の面でもボトックスが取り入れられるようになりましてから一気に有名になってしまいました。

ボトックス注入後に残り少なの間頭痛が起きたり瞼が重たいと感じましましたりするだけはあるのです。これの作用はアセチルコリン分泌阻害で、効果は眉間や目元などの表情筋をとりあえずに麻痺させることでシワを緩和するというものでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ